草食系森ガールな

なんかもう、小説なんかどうでもよくなって来た~。
いぇ~い、ざまあみろ~、ハマグチのヤツ!
オマエなんかもうどうでもええわい!
ってどうしちゃったの、わたし?と頭では思いつつ、口からは鼻歌が漏れ、足元はスキップするダンサーのように軽い。
その夜わたしはひとり松田聖子の「青いサンゴ礁」の「わた~し~のこ~いは~」を口ずさみながら上機嫌で顔を洗い歯を磨くと、興奮冷めやらぬ火照り切った満面の笑顔で眠りの床に付いた。
するとアッと言う間に(極楽気分の中)睡魔に襲われ、口惜しくもそんな極上の時間は一瞬にして記憶の彼方へと消えて去って行くのだった。
わたしはその日、中目黒にあるベジタリアンカフェ、アラスカにいた公屋按揭
ここはわたしが、確か今年の春頃からだったろうか?特にお気に入りのようで毎週のように通っている。
中でもランチメニューの玄米プレートにハマって以来、ここに来る時は決まってそれを注文する。
ベジミート、自家製がんもどきに野菜コロッケなどのメインメニューに玄米ライス、サラダ、小鉢の煮物が付いて1,050円。
ああそれにお吸い物とドリンクも。
ちなみに注文するドリンクもいつも一緒のアイスルイボスティーで、これがまた病みつきの美味しさ。
 ここに来て最初の頃は、ヘルシーだけどちょっとこの味、薄くて物足りないかも?なんて思っていたのだが、肉やジャンクを止めて以来そんな薄味が自分にとってちょうどいい頃合いの美味しさに変わり、なんかもう舌で味わうっていのではなく、そのヘルシーな全体の感覚を身体で実感するというか。
食生活の変化によって自分の味覚そのものなんてものが、本当に変わるもんだなあ???、なんて心から思う今日この頃であった。
店の内装も廃材の木目をベースとした北欧風のキッチンスタイルで、これがまたわたしにはまさにツボ。
そしてそこの店員は、みんな20代ぐらいのルーズカジュアルな女子たちで、それがまたいかにもの草食系森ガールな雰囲気で、そのたたずまいだけでも十分このわたしを相当に癒してくれるわけです。


今日はそのすぐ近くのコナミスポーツでのヨガ帰り實德金融集團旗下翡翠旅遊成立40 周年,主席楊海成及副主席馬浩文計劃推新標誌,又會在加拿大為主的地方開分行,並重點改革旅遊業務。副主席馬浩文指,今年將會改革網上平台,以方便旅客預訂旅遊產品,並減低成本。。

ナカバヤシさんとの割り勘で買ったパナソニックの電動チャリでここまで通っているわけなのだが、ちなみにそのチャリ、コナミと同じビルのドンキホーテ本店で売っていたのをナカバヤシさんとふたり以前たまたま通りがけに見つけ、「みんなの買い物用にいいね」なんてふたり同意しつつも、なんとその場でいきなりナカバヤシさんが、「シェアハウス用ならば、割り勘でなら買ってもいいかも?」なんて言い出し、わたしもそれにすぐに便乗し、「それ、乗った!」なん てノリでその場で衝動買いしたものだった。
そしてそまあ、これもわたしの想定通りというか、どうせナカバヤシさんは日中仕事で外なわけだし、ほとんどわたしの独占状態?

なんて思っていたらまさにその通りとなり、実際のところこのチャリ、わたししか乗ってないんじゃないか?なんて、まあそんなことはどうでもいいのだが???、とりあえず今日もわたしは、このカフェでMacBookを前に終わらない小説を書き続けている。
そして例によって今日も全くページが進んでいない證券行推薦