草食系森ガールな

なんかもう、小説なんかどうでもよくなって来た~。いぇ~い、ざまあみろ~、ハマグチのヤツ!オマエなんかもうどうでもええわい!ってどうしちゃったの、わたし?と頭では思いつつ、口からは鼻歌が漏れ、足元はスキップするダンサーのように軽い。その夜わ…

言う話を好きな

するとマスターは早口で興奮しながらこう語り始めた。やっぱりモトコは『光の機関』のエージェントだったんだよ。つまりオマエたちがこれから成し遂げるっていう仕事とそれに伴う身の危険性についてやっぱり???、それをそう、ナカバヤシに伝えにやって来たん…

に腰を下ろしたコ

と勝手に納得したように言いながらナカバヤシさんはトオルの分の酒もコップに注いでトオルに手渡すDPM價錢。って言うかまあ、なんだかんだでこのわたしも大分もう気が済んできていたみたいで、もう、はいはい。トオルも乾杯」と言ってトオルのグラスに自分の…

何かを思いつ

とイナガキ探偵が口を挟み、まんざらでもないと言った表情を浮かべながらこう続けた。探偵への依頼なんてものはねえ、もともとそう大したことじゃないんですよ。誰だってほら、ちょっと考えてみりゃあ、ひとつやふたつ???探偵にでも依頼したいことなんてもの…

調で話し掛

海を隔てての出来事だったからか、それがヒカルにとって現実だったのか、単なる彼女の夢想の延長だったのか、よくわからないような気もして???、都合のいいようだが、それがその情事への彼女の罪の意識を和らげていた、とも言えたSmarTone寬頻。それでも連絡…

彼に対し随分と

その後、帰りのタクシーの中でヒカルは、ホンジョウとのこれまでの何度かのセッションのことを思い出していた。あれは確か4月上旬ぐらいの・・・5度目辺り?のセッションの時だったと思う。ホンジョウは彼が以前(今まででもっとも深く)愛し、別れてしま…

ほぼ同時の

ジェシカは真っ赤なトレンチコートの下に10センチ近くのピンヒールを履いていた。このオンナと日中に会うのは初めてだったが、やはりどう見ても素人には見えない。本日のセレブ」と書いた看板と供に歩いているような気分だ倫敦銀 /">代。ジェシカはそれか…

満面の笑顔

ただそれがある時点より我々の間に大きな見解の相違が生まれてしまい水光槍???、と言うかそれがまさにその次元昇華に向けての『この日本と言う国の役割り』についてのものだった。ジンナイを中心とした過激派グループにおけるこの日本の位置付けは“捨て石”と…

俺から言わせ

俺らもう、すっかりすれちまってるしな?」とハマグチは酒の入ってるボトルを探しながらそうつぶやく。アンタはさあ、そう言って怖がってるだけだよ。ひとりのオンナと真面目につき合うのを」とハマグチに絡みだすマキ。まあ、ある意味そうかもな」とハマグ…

立會討論屋邨設墟市 冀公平處理申請

【本報訊】立法會房屋事務委員會討論在屋邨設立墟市,天水圍天耀邨將舉辦農墟,各黨派議員皆表示支持,歡迎房屋署促成,但要求房署訂立透明的申請機製,讓不同團體如有興趣均可申請在屋邨辦活動,確保公平公正處理,不會偏袒親建製派團體。 有團體請願趁立法…